武蔵小杉病院病理診断科に、見学に来ませんか?

 

当科では、随時見学希望者を受け入れています。実際に、『病理診断科でのお仕事を見てみたい』、『病理学に興味があって、一度病理診断科を覗いてみたい』、と希望される医師、学生さんはご遠慮なくご連絡ください。当科は、大学病院(教育、研究)と一般病院(地域医療、多彩な症例)の両方の特徴を持っており、病理診断科の業務を実際に体験されるには最適な施設です。

 

見学・実習の内容:

一般的な、1日のスケジュールは以下の通りです。

  1. オリエンテーション、病理診断科の案内

  2. 切り出し(顕微鏡標本を作製するために、手術検体の必要な部分を切り取る作業)の見学

  3. 術中迅速診断の見学

  4. 顕微鏡による病理診断実習(親身にご指導いたします)

  5. 当日、病理解剖が入った場合、希望者には解剖の見学をお勧めします。

 

1日の見学だけでなく、1週間以上の実習も体験できます。もし興味があれば、症例について学会発表をしたり、その後論文を投稿したりもできます(実習のあと、emailでやりとりして完成させます)。学会発表、論文執筆は通常の学生生活ではなかなか体験できませんので、貴重な体験となります。もちろん、責任をもって親身にご指導いたします。興味ある人はぜひ相談してください。

 

[連絡先]
大橋隆治

r-ohashi*nms.ac.jp

 

* を@に変更してお送りください。

© 2023 Wix.comを使って作成されました

044-733-5181

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now