病理診断と当科の特徴

細胞診断

肺がんや膀胱がんでは、痰、尿の中にがん細胞が混ざることがあるので、これらの体液を調べることで、がんの検査を行うことができます。スライドガラスに採取した体液や細胞を塗付した後、細胞を染色し、顕微鏡でがん細胞がいないか、判定します。甲状腺や乳房のしこりに対しては細い針を刺して、取れた細胞の中にがん細胞がいないか調べます 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生検組織診断

内視鏡や超音波検査で見つかった胃や大腸の病変、乳房の腫瘤は、肉眼や画像検査だけではどんな病気であるのか、確定できません。従って、その組織の一部を少し切り取って(生検)顕微鏡で観察することで、正確な診断が可能となります。この結果にもとづき、臨床医は手術が必要なのか、様子を見てよいのか判断します。

 

 

 

 

 

術中迅速診断

通常、手術は診断が確定してから行われますが、まれに術前診断が難しい症例(病変が深い部分にあり生検ができないなど)があります。この場合、手術中に採取された組織から凍結標本を短時間(10~15分前後)で作製、診断し、その場で執刀医に連絡します。また、病変が取り切れているか、リンパ節に転移はないのかなども、判断します。これらの情報にもとづいて、執刀医は手術方針を決定します。

 

 

 

手術で摘出された臓器・組織の診断

手術によって摘出された胃、大腸、乳腺などの臓器をまず肉眼で病変の部位、大きさ、広がりを観察し、診断に必要な部分から標本を作製し、顕微鏡で観察します。これにより、リンパ節転移の有無、病期、がんがすべて取り切れているのか、などを判定します。また、原発巣が不明な癌の場合、組織型や免疫組織化学検査で、原発巣を特定することも可能です (下の写真は仙骨に発症した​脊索腫)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病理解剖

不幸にも病気で亡くなられた患者様のご遺体を、ご遺族の了承を得て解剖させていただきます。生前の診断が正しかったのか、治療は適切であったのか、どのような機序で病気が進行したのか、死因はなんであったのかなど、生前の問題点を病理学的に解明します。結果は、担当医に報告され、ご遺族には担当医より説明があります。顕微鏡所見を含む最終病理診断までには、2~3か月の時間を要します。

*2017年度総検体数、組織診 5508件、細胞診 8924件、迅速診 154件、剖検 9件

穿刺吸引細胞診で得られた乳腺の粘液癌の細胞像。
一見すると、良悪の鑑別が難しいですが、病理診断を学ぶとこのような症例も難なく診断できるようになります。
手術で採取された組織を凍らせて、凍結切片を作製します。
短時間で、染色します。スピードが命です。
顕鏡し、所見、診断を手術室に連絡します。

© 2023 Wix.comを使って作成されました

044-733-5181

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now